私にみえている世界

こんにちは。

武道館 感想

お疲れ様です。yasusususuです。

 

朝井リョウ著「武道館 」を読みました。

 

 

 

 

 

※以下、ネタバレを含みます。

 

 

 

朝井リョウさんの作品は、若者らしい感性で書かれており、時事的な要素も多く取り込んでいるので、世代の近い私には、大変読みやすく、楽しめます。

武道館 」も上記の点で朝井リョウさんらしい作品であると感じ、楽しめました。

 

あらすじ

物語は、小さな頃から歌って踊るのが大好きな女の子「日高愛子」の視点を中心に描かれます。

日高愛子は、「真由」「碧」「波奈」「るりか」「杏佳」とともにオーディションに合格しアイドルグループ「NEXT TO YOU」のメンバーとなります。もっとも、「杏佳」は、冒頭で「NEXT TO YOU」から卒業してしまいます。

杏佳の卒業により5人組となった「NEXT TO YOU」は、武道館でのライブを目指して活動を続けていきます。

「NEXT TO YOU」は、学園生活というコンセプトのもと、握手会を席替え、ライブを授業参観とそれぞれ名付け、また、高度なテクニックが要求されるという音ハメダンスを行うことで、他のアイドルとの差別化を図り、着実に人気を集めます。

そして、人気アイドルの仲間入りをした「NEXT TO YOU」は、2期生の募集も行い、いよいよ武道館ライブが決定するのですが…

 

雑感

時事的要素

本作は、握手券商法によるオリコン上位ランクインを叩いたり、「真由」の不安定な体型についてネットでオーディション時と体型不安定時の比較画像を用いて「超絶劣化」などと面白がったり、アニメ好きの「波奈」が出演したテレビ番組の自宅映像に映り込んだPCブラウザのブックマークに違法アップロードサイトがあったことから炎上したり、とあるアイドルが恋愛禁止の掟を破り頭を丸めたりする等、近年ネット上で見られる現象を取り込んでいます。

メンバー自身がエゴサーチをする場面や、メンバーとその周辺人物とのやりとりを通して、アイドルは恋愛禁止、アイドルは贅沢をすると叩かれる等の現実社会でもはや公然の不文律となっているいわゆるアイドルの掟について登場人物を通して朝井さんは様々な見解を提示しています。

こうした、時事的要素に関する描写の中で、特に印象に残ったのは、「愛子」の

「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろうって」

というセリフです。

とあるアイドルのファンは、そのアイドルを応援するというのが原則のように思いますが、現実ではどうでしょう。

好きだからこそ期待をし、その期待を押し付け、そして、あるときその期待が裏切られたと騒ぎ立て、いわゆるアンチと化すファンの気持ちはわからないではないです。好きなアイドルの幸せを願うからこそ、好きであればあるほど、熱心であればあるほど、そうなってしまうのでしょう。

他方で、熱心でないファン(もはやファンではない)が面白がって炎上等の現象を大掛かりなものにしているということもあります。人の不幸は蜜の味です。

 

物語の最後のあたりに武道館ライブの予定日から15年後の世界が描かれていますが、そこでは、上記のような現象を、とある過去の一時代の一現象として登場人物に語らせています。

私には、熱を入れて応援するものが特になく、「愛子」の疑問に対する答えはありませんが、結局は、時代の風向きにすぎないのかもしれないと思います。

 

本作の主題

本作の主題は、「選択」であったと私は思います。

選択することとは、選んだもの以外を全て捨てることだと思います。何か代償を払って何かを手に入れること、それが選択なのではないでしょうか。

 

「愛子」がイメトレと称して動画投稿サイトでアイドルの動画を延々と見続けるという描写があります。たくさんのアイドルの動画を見てきた「愛子」ですが、いざ「波奈」の部屋で、他のメンバーに好きなアイドルの動画を見せようと検索窓にキーワードを入力をしようとしたとき、「愛子」は、何も入力することができません。

そのときの「愛子」のイメージの描写が特に印象に残っています。

これまで手軽に見てきたあらゆるアイドルの動画が、自分を中心にして大きな円を描くように並んでいるイメージ。全てが自分から等距離の位置にあり、腕を伸ばして一回転すれば、全ての動画に触れることができてしまうイメージ。

-つまり、この中で、一番、が、ない。

「愛子」は、幼馴染の「大地」との会話を通して選択には価値の大小があることに気がついたのだと思います。

その後、同時発生的にメンバーは選択に悩み、それぞれの選択をしていきます。

 

日々を過ごしていく中で、私は多くの選択をしているのだと思います。朝井リョウさんの「武道館」を購入するという選択、それを読むという選択、感想をブログに書くという選択

明確な目標のない、漠然とした何気ない選択を習慣と呼ぶのなら、私は習慣に流されていないでしょうか。私にとって価値のある、最善の選択をできているのでしょうか。

そんなことが不安になりました。

 

 

ところで、物語には、武道館の業務課のスタッフ、印刷会社のスタッフ、武道館のライブスタッフの描写がそれぞれ挿入されているのですが、これらはどういった意味を持つものだったのでしょうか。

語り手を「愛子」から第三者に移すという効果を狙ったという以外の目的がよくわかりませんでした。

 

武道館 (文春e-book)