私にみえている世界

こんにちは。

電子書籍と引用について

お疲れ様です。yasusususuです。

 

私は、過去に論文を書いた経験から、電子書籍を利用すると引用の際に問題が生じるのではないかという疑念を抱きました。

 

そもそも引用とは

 

まず、本の著作権は、原則的に著者に帰属します*1

著作権者は、創作した本を自由に公表する等利用することができますが、著作権者でない私は、著作権者の許可なくその本を利用できず、その本の文を使ってブログの記事を書くことができない(著作権侵害の違法行為になる)のが原則です。

 

しかし、著作権法は、第30条以下で著作権の制限を認めています。

ブログの記事に著作権者の許可なく本から引用できる根拠は、第32条第1項にあります。

(引用)
第三十二条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

このように、公表された著作物である、市販の本は、引用して利用することができるとされています。

しかし、「この場合において」以下に引用の条件が書かれています。

抽象的でわかりにくいので、具体的に説明しているものを引用すると、

1 引用として利用することができる著作物は、すでに公表されたものであること。
2 その引用が公正な慣行に合致すること。
 健全な社会通念で判断することですが、具体的には、自分の学説を展開し補強するために、他人の学説を引っぱってきたり、他人の学説や考え方を論評するために、他人の文章を引っぱってくる場合があります。しかし、引用に名を借りて、自己の著作物中に登場する必然性のない他人の著作物 (文章、図表) を借用することは許されません。
3 引用の方法は、言語の著作物であれば、引用文をカギカッコでくくって表示するなど、自己の文章との区分を図ること。(明瞭区別性)
 引用対象の著作物が引用されているのかどうか判然としない利用方法は、公正な慣行に合致するとはいえません。
4 引用の目的上、正当な範囲内で行われること。
 自分の作った著作物があくまで主体であって、引用されてくる他人の著作物は従たる存在でなくてはなりません。(主従の関係)
 引用される著作物の分量はどの程度が適当でしょうか。何字以内とか、何行とか、何ページとかいう規定があるわけでなく、どのような著作物をどのように引用するかによって具体的に違うといえましよう。事柄の性質上、俳句や短歌のような短い文芸作品の場合は、一部分の引用は考えられず、全部の引用が可能といえましょう (なお、詩歌の場合、著作権者が日本音楽著作権協会JASRAC〕にその著作権の管理を委託しているもので、部分引用を越えたとみなされるときは、協会所定の使用料を支払うこととなります) 。しかし、学説や論文等の場合は、その全部を引く必要はなく、引用するために必要な最小限度の範囲内に限られるといえます。
5 著作権法 32 条の規定によって引用が認められる場合には、著作物を翻訳して引用することができる (43 条 2 号) 。
 ただし、翻案して引用することは認められていないので (同条 1 号) 、ダイジェスト引用はできず、著作権が及ばない程度の要旨引用にとどまるといえましょう。
6 出所 (出典) を明示すること。
 著作者は、著作物またはその題号に不本意な改変が加えられることのない権利を有すること (著作者人格権としての同一性保持権、20 条) 。
7 著作物の利用に当たっては、著作物をそのままの形で利用することが理想的ですが、著作物利用の目的・態様から一部分カットしたり、修正する必要のあるときは、単純ミス訂正の場合を除いて、 著者の承諾を得なければなりません。

という7つの条件を満たさなければならないようです *2

 

私が電子書籍を利用するにあたって特に気になったのは、引用の条件「6 出所(出典)を明示すること」です

 

出所(出典)の明示の方法とは

私は、法学の論文を書いたのですが、出所(出典)の記載方法は、厳格に決められていました。例えば、一部を紹介すると、

雑誌・論文

 執筆者名 「論文名」 雑誌名   巻 号 頁 (発行年) 
   または   
 執筆者名 「論文名」 雑誌名   巻 号 (発行年) 頁 

単行本

 執筆者名 『書名』   頁 (発行所、版表示、発行年) 
   または   
 執筆者名  『書名』   (発行所、版表示、発行年) 頁 

 という順序で脚注に出所(出典)を記載しなければならないとされていました*3

 

この中で電子書籍を利用する際に特に問題になるのが、引用したい文の印刷されている「ページ」です。

紙媒体であれば、とある文は、販売されている同じ本であれば、必ず同じページに存在しますので、上記の引用方法で引用した文であることが特定できます。

しかし、電子書籍では、そうはいかないのです。

 

電子書籍とページ数の関係

電子書籍に表示されるページ数は、紙媒体として流通している本とは、異なる方法で表示されます(一部の雑誌や漫画等、それぞれのページを紙媒体の画像のまま、まとめて電子書籍としているものを除く)。

実際に今私が読んでいる「 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ 」という電子書籍の一部をhontoのビューアーで表示したものを見てみましょう。

f:id:keep_it_simple_on:20150314192937p:plain

f:id:keep_it_simple_on:20150314192944p:plain

f:id:keep_it_simple_on:20150314192956p:plain

f:id:keep_it_simple_on:20150314193003p:plain

お分りいただけたでしょうか。

hontoのアプリをはじめとした電子書籍ビューアーでは、文字の大きさを自由に変更することができます。

私の貼り付けた画像は、上から順に徐々に文字を小さくしていっています。

字の大きさを変更することに伴い、字が大きければページ数が増え、字が小さければページ数が減るという現象が起きます。

これは、本の総文字数÷1ページあたりの文字数=ページ数なので、当然のことです。

しかし、私が青のマーカーを付した部分のページ数が、紙媒体の本だと何ページにあたるのかがわからないのです。

すなわち、この本の青マーカー部分を法学の論文に引用しようとしたとき、現状では、電子書籍を買ってしまうと、紙媒体を参照して、青マーカー部分の文が何ページにあるかを調べないと、出所(出典)の表記ができないのです。

 

雑感

電子書籍は、スペースを取らず、また、値段も安く、売り切れの心配がないです。また、引用をするとき、手打ちの必要がなくコピーアンドペーストで引用ができます。そこで、例えば、研究者の方が、限られた研究費、研究室のスペース、時間の中で研究をするとき、学術書が電子書籍として販売されていたら、電子書籍版を買うという選択が合理的といえそうです。

しかし、上記ページ数による特定の問題がある以上、電子書籍を買うという選択はしないでしょう。出所(出典)の明示のために紙媒体を参照することになり、2度手間になるからです。

 

ブログの記事レベルでは、法学論文等学術論文における引用の作法ほど厳格な引用の仕方までは、必要ないと思います。すなわち、引用部分と記事本文の区別がきちんとできていて、引用元を明記しておけば、著作権法32条第1項の条件を満たして、本の著作権者の許可を得なくても本の一部を利用することができると思います。

 

しかし、上記ページ数の問題は、電子書籍の出版権が改正著作権法上明記されたことが*4海賊版の取締りのみならず、電子書籍の普及をも目的としている以上、電子書籍を購入して論文にその本から引用するという場面が起きることをも想定すべきであり、電子書籍を出版する出版社により解決がなされるべきものなのではないかと思います。

 

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

*1:本は著作物であり(著作権法第10条第1号)著者は、著作物を創作する者(著作権法第2条第2号)であるからです。

*2:http://www.law.kobe-u.ac.jp/citation/01.htmより引用

*3:http://www.law.kobe-u.ac.jp/citation/02.htmより引用。

*4:電子書籍にも出版権、海賊版に差し止め請求 改正著作権法成立 :日本経済新聞